ブレシアブログ

Home 》 ブログ

2017.02.09 piano wire

スポークホイールと思いきや、何か様子が違います。

よく見ると、ホイールは大きなスプライン状になっています。

スポークは荷重を担わず、中心の位置決め目的です。

とても細いので、ピアノワイヤーと呼ばれていたそうです。

 

2017.02.07 friendship hyphen

高くそびえるパルテノン神殿…では無く、英國の Rolls Royce.

 

上流階級の出の Charles Stewart Rolls と 努力家の Frederick Henry Royce の出会いにより生まれた R-R は、1906年デビューの40/50HP の13号車で過酷な走行トライアルテストを行いました。

15000 mile にも及ぶノンストップ走行直後に全ての部品を分解して仔細に調べてみた結果、殆どが新品同様で摩耗していなかった由。

シルバー塗装に銀メッキを施されていた13号車は Silver Ghost と呼ばれ、いつしか 40/50HP 車全てを指すようになりました。

当初は赤文字のエムブレムだった R-R は、1910年7月の Rolls の事故死により哀悼の意を込め黒文字に変え、今も続いています。写真の R-R も黒文字ですね。

また、Rolls Royce はお互いを大変尊敬尊重していたそうで、R と R の間の “-” は friendship hyphen というそうです。

2017.02.03 Z1

生産期間約2年のロードスター。

ぶ厚いサイドシルは、ドアを中に仕舞う為のもの。

ドアを下げた状態でも走行可能であり、古のスポーツカーを御する気分を満喫できたオーナーは8000人のみ。

四半世紀前のクルマですが、今でも未来的なスタイルです。

2017.02.02 30 years ago…

弊社の二階にて探し物をしていた際に発見しました。

今市市(現・日光市)の、Bugatheque の前にて。

真ん中が若かりし日の弊社社長、修行時代の姿です。

左側が同僚メカニック氏、現在独立されてレストア工房を開いております。

右側が社長の御師匠様、名人と謳われておりました。

彼らと共に写っているのは、ボディを外された Bugatti。

スーパーチャージャーが付いており、ラジエータが太めに見えますので 35B でしょうか。

30年くらい前に撮られた写真と思われます。

現在、この場所は弊社にて管理させていただいております。

2017.02.01 what?

これは、何のクルマのエンジンでしょうか?