ブレシアブログ

Home 》 ブログ

2016.09.28 V4

Lancia という名前を聞いて思い浮かぶモデルは何でしょうか?

Delta , 037 ,Stratos 等がRally scene を駆け抜けましたので、印象が強烈でしょうか。

数多のちょっと高級志向のsedan車に憧れを抱いた方々もいらっしゃいましょう。

 

Stratos以前にRallyを戦った、Fulviaというモデルが60年代にデビューしました。

当時のLanciaには、Aurelia の流れを継ぐV6エンジンのFlaminia、水平対向4気筒のFlavia,  Appiaを経てデビューした狭角V4のFulviaがありました。各モデルでエンジン形式がすべて異なるというのは、コストダウンを優先する現代では考えられません。

狭角V4は、戦前にはLambdaが採用していた型式でした。

Fulvia のエンジンは、事実上DOHCの配置をしておりVバンクは見当たりません。

FWD方式を採用しており、エンジンと駆動系はサブフレームごと一体でボディと分離できます。

FWDですので、トランスミッションとデファレンシャルが一体化されております。

img_0069

縦置きエンジンFWDですので、AWDの得意な某国産のトランスミッションのようです。

贅沢な造りを続けていたLancia は、この後にFiatの仲間となり徐々に個性が薄れていきますが、モータースポーツへの情熱が燃えさかったまま近年まで活躍していたのは、イタリア産だからなのでしょうか…。

2016.09.03 Octane Vol.15

オクタン日本版、2016 AUTUMN Vol.15
「オートモービルカウンシル2016」の記事が掲載されております(P118-121)
その中で、弊社も掲載されております(P120)
是非ご覧ください!!

2016.09.01 CG10月号

CG10月号
「オートモービルカウンシル2016」の記事が掲載されております(P138-149)
その中で、弊社も掲載されております(P145)
是非ご覧ください!!