ブレシアブログ

Home 》 ブログ

2008.07.26 ポルシェ911 2.0&2.4

先日 車検で入庫した911の2リッターに久々に乗りました。

私にとっての最初のポルシェの経験がこのあたりなんです

この車でクラッチミートの難しさ、

音で判断するキャブレターのアクセルの加減

ポルシェシンクロのシフトから伝わるデリケートな触感

シンクロが仕事をしているのが伝わってきます。

メカポンの2.4もアメリカでのリビルトが済み戻ってきたので

ドッキングしました。

キャブとはフィーリングは違いますが

キャブ同様六連スロットルの同調が決まった時の音って

感動でまさに エンジンの音魂です。