ブレシアブログ

Home 》 ブログ

2017.01.31 100mph

1948年に Jaguar XK120 が、1959年には Mini が登場した Earls Court.

1949年に Riley のエンジンを使って Healey Silverstone を世に送り出していた Donald Healey はAustin A90 Atlantic  のメカニカル・コンポーネンツを利用して スポーツカーを製作、Healey 100 と名付けて1952年の Earls Court に展示をしました。

 

DOHC  エンジンの  Jaguar XK-120  や Aston Martin DB-2 は高性能と共に高価であった為、2.7L の OHVエンジンではあるがスタイリッシュな Healey 100 は来場見学者の注目を浴びました。

更にはAustin 社の Leonard Lord 社長の目に留まり、Longbridge plant での製造を即座に決定。

翌日には Austin Healey 100 として展示されました。

当時 100mph という最高速度は皆の憧れであり、このクルマも 100mph を実現したそうです。